FC2ブログ
20170419butyu00.jpg
三倉岳 花崗岩の美しい山 右端が東 朝日岳(上の岳) 中岳 夕日岳(下の岳) 702m

三倉岳ツアー


三倉岳は広島県大竹市にある花崗岩の岩山。関東の瑞牆山を想わせる岩山だ。
フェースやクラックのルートが多数あり、今も開拓されている。
4月19日から26日の予定ででかけてきた。

20170419butyu01.jpg
備中の岩場 岡山エリア(2階部分)

初日4月19日は徹夜で3人交代で運転、朝7時ごろくたびれ果てて3人で相談した。
今日はカム持ってアプローチしたくないという共通の思いで、突然、備中の岩場に行くことにした。
宿は杉田ハウス 1泊1名1500円。
後で聞いたら、地元のSさんいわく、岡山エリアなんて登っている人いるのん?
コケやほこりが多く確かに登られてなさそうだったけど、フェイス5.11a、カンテ5.10dはそれなりに面白かった(オンサイト)。
2日目は2ルンぜの岩場。奥の手5.11aに挑戦するも、奥の手に気づかずテンション。これは面白かった。
このエリアは登られていそうで、楽しそうなルートがほかにもたくさんあった。
名残惜しいけど、三倉がメインだから午前中で引き上げて、広島を目指した。

20170419butyu02.jpg
関西に多い白花タンポポ 備中にて
関東と異なる植生がみられるのも、ツアーの楽しみ。

20170419butyu03.jpg
ナガバノタチツボスミレ(1) 備中にて
西日本で見られるタチツボスミレの仲間。葉っぱが長細い。

20170419butyu04.jpg
ナガバノタチツボスミレ(2)
ものすごく背が高くなるのも特徴。

三倉岳のキャンプ場は整地されていて平だ。しかも椅子とテーブルまで用意されている。そして無料。
水曜日はお休みだけど、事前に連絡しておけばテントは張れる。
事務所は9時から5時までだから、その時間に申し込みに行く必要はある。
お風呂は小瀬川温泉にある道の駅羅漢の湯に行った。
近くにスーパー(マックスバリュー)、コンビニ(セブン、ファミマ)もあった。

備中から三倉へ移動中にキャンプ場に電話すると、5時までに来てくださいとのこと。
ナビは6時と言っているので、努力しますと答えたけど、やはり間に合わなかった。
夜は鍋で宴会。楽しかった。
テントは張ってよいと了解をもらっていたので、その日はテントで寝て翌日9時に受付を済ませた。
三倉岳のトポ1500円も購入できた。

20170419butyu05.jpg
源助崩れ

3日目は源助崩れに行くことにした。
ここのおすすめは左側のクラック(モアイクラック5.9)と右側のクラック(ヒップクラック5.9)だ。
裏から回るとトップロープが簡単に張れる。
ヒップクラックは終了点直下のワイドが核心で難しい。
クラックの外の足が使えないのだ。ヒールトゥの技を教わったけど試せず。
滞在中ヒップクラックは2日で2便出したけど、トップロープですらトップアウトできず。
ワイド修行せねば。
6日目に行ったとき、モアイクラックはRPできた。

20170419butyu06.jpg
青白ハング

4日目、5日目は青白ハングへ。
ここのおすすめはモスクラック5.10bだ。ここは、裏から回れないのでオンサイトトライ。
30mあるワイドなので、大きなカムを大量に持って行く。
ワイド部分は苦手なので、だめなら早めに2番手に譲るということでスタートしたけど、
1/3ぐらいのところですぐに心が折れた。へたっぴすぎ。

5日目にモスクラックをアップで登る九州の若いお兄さんにトップロープをかけてもらってトライしたけど、
自分では難しくて登れそうになかった。
ワイドの5.10bは難しい。でも、楽しかった。
修行をして、ワイドの5.10a登れるくらいになったら、また、挑戦したいものだ。



7日目は天気が不安定という予報だった。8日目は雨予報。
7日で帰ることにして、テントを撤収。
ハイキングに行くことにした。中の岳からの景色がとっても良かった。

20170419butyu07.jpg
広島風お好み焼き

帰りがけに、ぜひ、本場で食べてみたいと広島の街に繰り出した。
キャベツともやしがてんこ盛りなのにこの大きさに。
初めて作っているのを見た。とってもおいしかった。
14時間かかったけど、お好み焼きのパワーで無事牛久に帰還できた。

おまけ 三倉で見たスミレの写真

2017042501.jpg
シハイスミレ?
この仲間は同定が難しい。

2017042502.jpg
タチツボスミレの仲間?
葉の基部が切形から浅い心形で、葉先がつまんだようにとがらないところが山陰型タチツボスミレに似ている気がする。

2017042503.jpg
スミレ?
スミレは科の名前でもあるし、一般名詞でもあるし、種小名でもある。
種小名のスミレ、マンジュリカ(V. mandshurica)かなぁ。


2017032407.jpg
ツエツブモンキー5.12bにトライ フォールちう

今年は1月から城山に通った。冬に岩場に通ったのは2009城ケ崎(シーサイド)、2010-2013年の二子山以来。
それ以前は主にスキー、2014年はトルコツアー、2015年は城山に少し、2016年は冬眠。

今年(2017年)は城山に通って、12台5本登れたのは収穫だった。
2016年はほとんど外岩に行かず、クライミングに対するモチベーションが低かった。
しばらく休んだ後、秋口から登り始めたら5.11台が案外登れて面白くなった。
モチベーションが復活したのがよかったようで、2017年は年明けから12台も登れるようになった。

1月は風の囁き5.12bにトライ、核心はハンドジャムがばち効きで楽しかった。
実はその上部が本当の核心で苦しめられた。

2月はヴァージンキラー5.12a、ダスキン多摩5.12cにトライ。

ヴァージンキラー5.12aはガバ足から核心のホールドに届く人にはかなりお買い得と思われるが、届かない自分は苦労した。
おかげで、カチ持ちができるようになったのがよかった。これはその後の城山クライミングでかなり有効だった。

ダスキン多摩5.12cは得意系。リーチ的に届かないホールドの処理にてまどったものの、ムーブの解決が楽しめた。

3月はフェイト5.12a、ツエルブモンキー5.12bにトライ。
フェイトはかぶりがきつく、厳しいルートだったけど楽しかった。詳しくは前の記事を参照。

ツエルブモンキー5.12bは一番苦労した。
ワンテンまでは早かったものの、RPまで時間がかかった。
テンションかけて休むとすべてのムーブができてしまうのが敗因。
結局、登れるまでには遠い箇所は刻むなど、いろいろムーブの修正が必要だった。
登れた日は、濡れ濡れで、上部はびしょびしょ。下部は雑巾で拭いてトライした。
こんな日には登れないと思ったら、あれよあれよというまに登れてしまった。
あんなに状態が良い時に登れなかったのに不思議なものだ。

城山通いでいろいろムーブの試行錯誤ができたし、肉体的にも持てなかったカチが持てるようになった。
クライミングがますます楽しくなってきた。

以下はツエルブモンキーの写真
2017032401.jpg
スタートのボルダームーブを終了して3ピン目クリップ

2017032402.jpg
ここから下部核心 ここはクロスムーブが多いけど自分は持ち替えムーブ

2017032400.jpg
下部の核心 遠い右手を取ったところ

2017032405.jpg
左手を寄せたところ 右足とのオポジションが胆 この辺りがオーバーハングで一番厳しいところ この後の左手のカチが厳しかった
上の核心は一転してバランス とっても面白いルートだった。

2017032406.jpg
冬の間に育った冬菇 城山天然シイタケ 肉厚でおいしかった


2017031800.jpg

城山フェイト物語


前日の3月11日にダスキン多摩5.12cをRPして、自信たっぷりで挑んだフェイト5.12a。

DAY1 3/12
DSC_0123.jpgKBT夫妻パーティに混ぜてもらった3月12日
旦那さんは二間バンドのカサブタ5.12c狙いなので、
同じ二間バンドにあるフェイト5.12aに挑戦することにした。

フェイトはオーバーハングだけど
ホールドはガバだらけで登りやすいという評判を聞いていたので
マスターでオンサイト狙いに行くことにした。


DSC_0124.jpgしかし、3ピン目にすら行けず敗退。
チャレンジすることは大切だからね。と自らを励ましてヌンチャクをセット。
たまたまフェイト狙いのJINさんと一緒にトライしてムーブを作った。
最終便4便目で核心を超えてあわやRPと思ったけど、最後にフォール。ちくしょう!!
JINさんと来週も狙いましょうと約束して帰った。

DAY2 3/18
2017031801.jpg今日は少し暑いけどやるきまんまん。
1便目でヌンチャクをセットして2便目でRP狙い。
写真をIMさんに撮ってもらうが、、、、。

この日は4便出して、だめだめ。


2017031802.jpg反省点 
・しゃりばて!
前日、オーバーウエイトに気づいて2kg減量したのはいいけど力が出なかったみたい。
・気温の高さに対応できず
前週簡単に持てたホールドを今週も同じように持ったため、ムーブに切れがなかった。
気温が高いのだから、もっとしっかり持てばよかった。

2017031803.jpg良かった点
前回落ちたあたりのホールドを徹底チェックできたこと。

2017031804.jpg

2017031805.jpg先週はこの次の1手が届かなくてフォール。
この辺りのホールドとムーブをチェック。

2017031806.jpg

2017031807.jpg落ちちゃってロープにぶら下がっているけど、絵になる?

DAY3 3/19
17410243_1355970577793759_1740316814_n.jpg今日も天気が良くて気温が高い。
二間バンドは朝は日陰、日の当たる前にトライ!

核心を超えたあたりで、エネルギー切れてきた!
結構やばかったけど、前日作ったムーブと見つけたホールドのおかげで登りきれた。
完全にぎりぎり、久々に闘い切って燃え尽きた!

オンサイトなんてとんでもなかったけど、登れて本当によかった!


三宅島 クライミング


miyake170307.jpg三宅島にクライミングしに行ってきました。
泊まったのは民宿薄木荘。
おやじさん、おかみさんに親切にしてもらいました。
御飯がおいしかった。金目の鍋は絶品。
おやじさんが釣ってきたアオリイカの刺身もよかった~。
アシタバおいしかった。
ハウスで栽培しているトマトやキヌサヤもおいしかったです。

そこらの1泊2万円ぐらいする旅館よりはるかにおいしかったです。
季節を変えてまた行ってみたいなぁ。

miyake170301.jpg三宅島を代表する岩場PO壁。
三日とも風、波が強く登れなかった。
薄木荘のおやじさんによると春は西風が吹いて登れないことが多いらしい。


miyake170302.jpgPO壁から新鼻(にっぱな)へ移動。
やっぱり風が強くて登れなかった。
初日はこのあと体育館にあるジムに移動した。

miyake170305.jpg2日目3日目は波が強くても登れるという冨賀浜に行きました。

冨賀浜では、5本トライ。
ビードロ模様5.10bcが登れなかったけど面白かった。
ジャミングの多彩なテクニックが要求されました。
これがサクッとオンサイトできるようになりたいなぁ。
左御前(おんめ)5.10bはハング越えの楽しいルート。
最後のハングを超えたところで掴んだホールドが動いて、2-30cmの石とともにフォール。
安定していない岩が多かったです。
左回りはもろそうな岩が多いので、右回りの御前5.10bから回って慎重にトップアウトしたました。
今年は大きな浮き石によく当たります。ヘルメットしたほうが良いかな。
ジャムの学校5.9もジャミングが効いて楽しかったです。

miyake170306.jpgスミレ

春だなぁ。
地上茎のないスミレ。
ノジスミレかなぁ。それにしては花が元気でよれてない。

miyake170303.jpg体育館の人口壁

利用料は500円。
人工壁ではどっかぶりの長い壁(写真右)で突風5.11d、ブリ5.12a、
写真左の壁でウニ5.11cをオンサイトできて楽しかったです。
全部で11本登って、9本オンサイトできて満足。
右の壁の5.12bも、もう少しちゃんとオブザベしたら登れたかも。
課題の設定者もトキオ(室井)、オカノカン、マツシマアキト等日本を代表するクライマーばかりでびっくりしました。


miyake170304.jpgボルダリングも楽しかった!

西風が強くて登れないとき助かりました。



God fingers


When I was doing the dishes this morning, there was a small fly stopping at the kitchen sink.
At the moment, I picked it up with my fingers unwillingly.
That's unbelievable!
20160623godfingers.jpg