あとで
20151024ogawayama01.jpg
大日広場から屋根岩方面を望む

小川山散策&クライミング


天気が良い週末だけあって、駐車場は満車。
ボルダリングのエリアはどこも人がいっぱいだった。

天気がよく日向は眠気を誘う陽気。
われわれはゆっくり散歩してから、水晶スラブで少し登った。

20151024ogawayama10.jpg水晶スラブからマラ岩、妹岩方面を望む。

カラマツの黄色が眩しい。

20151024ogawayama02.jpgナナカマドの実

苦い!
高山に生えるタカネナナカマドの実は甘酸っぱくて食べられるらしい。

20151024ogawayama03.jpgナナカマドの葉

ウラジロナナカマドの小葉は先端から半分だけ鋸歯がある。
タカネナナカマドの実は少ない。
ナンキンナナカマドの小葉はほっそりしている。

20151024ogawayama04.jpgマユミ

ニシキギ科の仲間は秋になると紅葉と裂開した果実が目立つ

20151024ogawayama05.jpgヒロハツリバナの果実

これもニシキギ科の仲間

20151024ogawayama06.jpgヒロハツリバナの葉と裂開する前の黄色い実

20151024ogawayama07.jpg紅葉したカラマツ 短枝に数多くの葉がつく

20151024ogawayama08.jpgオオモミジ 紅葉の定番

20151024ogawayama09.jpgヤマブドウ

甘酸っぱくて美味しい!

20150921mtfuji19.jpg
モフモフハナガサタケ(うそ) ぼさぼさ ぼさぼさ みんな ぼさぼさ

富士山できのこ狩り


その3 その他のきのこ

20150921mtfuji20.jpgハナガサタケ??

色や全体のフォルムというか雰囲気はスギタケ。
麟片の雰囲気はハナガサタケ。

よくわからないので、仮にモフモフハナガサタケとここでは呼びます(笑)


20150921mtfuji21.jpgモフモフハナガサタケの軸と傘の裏側

20150921mtfuji22.jpgサクラシメジモドキ

20150921mtfuji23.jpgサクラシメジモドキのアップ

傘の裏につば(繊維状)があるのがモドキの特徴

20150921mtfuji24.jpgカキシメジ 針葉樹タイプ

針葉樹タイプのカキシメジは中実でしっかりしている。
この個体には傘の裏のヒダにはシミがない。
マツシメジとも呼ばれ、食べる地方もあるらしい。
図鑑によっては針葉樹タイプは無毒とも記述されている。

広葉樹タイプのカキシメジはもっとなよっとしていて、軸は中空なものが多い。
傘の裏側のひだにシミがあるものが多い。

20150921mtfuji25.jpgナラタケ

20150921mtfuji26.jpgナラタケのアップ

20150921mtfuji27.jpgクヌギタケ ?

ランプシェードのようなかわいいきのこ


20150921mtfuji28.jpgベニテングダケ

傘の上の白い破片が取れてしまったタイプ。

20150921mtfuji29.jpgテングタケ

このこも破片がない。雨でながされたのかな。
軸が白いタマゴタケはないので見分けは簡単。

20150921mtfuji30.jpgハナホウキタケ ?

かわいいホウキタケだけど毒がある。

20150921mtfuji09.jpg
ショウゲンジ

富士山できのこ狩り


その2 フウセンタケ類

ここで紹介するのはすべてフウセンタケ属のきのこかと推定されます(※)。
おおきな属なので、亜属や節でいろいろグループ分けするようです。
ここでも、よくわからない似たものがありました。
ヨーロッパでは致死性の毒をもつきのこも発見されているので、同定ができないものは食べないほうが良いと思われます。

※ショウゲンジは従来はショウゲンジ属に分類されていましたが、最近の分子生物学の研究ではフウセンタケ属に分類されるようです。

20150921mtfuji10.jpgツバアブラシメジ

美味なきのこ

20150921mtfuji11.jpgツバアブラシメジ アップ

20150921mtfuji12.jpgヌメリササタケ

美味なきのこ

20150921mtfuji13.jpgヌメリササタケ

下から見上げる

20150921mtfuji14.jpgフウセンタケモドキ ?

カワムラフウセンタケ(フウセンタケとも呼ばれる)はもう少し紫色しているか?


20150921mtfuji15.jpgヒダと軸の様子

20150921mtfuji16.jpgフジイロタケモドキ ?

20150921mtfuji18.jpgウスフジフウセンタケ

20150921mtfuji17.jpgショウゲンジ

美味しい♪


20150921mtfuji00.jpg
クサイロハツ

富士山できのこ狩り


その1 ベニタケ科とイグチ類

富士山の登山道とその周辺をあるいてきました。
コケ類の上にきのこがいっぱいあって気持ちのよい散歩が楽しめました。
食べられるきのこは採集に夢中で写真少ないです。
食べられないきのこ中心ですが、かわいいこを集めてみました。

コケの中にコケ色のきのこ

20150921mtfuji01.jpgクサイロハツ

ベニタケの仲間には名前が似ているクサハツ、オキナクサハツといった嫌われ系のきのこがありますが、このこはかわいいです。漢字だと草と臭の違いなんでしょうね。

20150921mtfuji02.jpgクサイロハツ側面


ぐるぐる ぐるぐる だんだん眠くなる

20150921mtfuji03.jpgニオイワチチタケ?

ぐるぐる正面。

図鑑で似たのを探してみましたが、実際はわかりません。
次にあったときは、乳の色、変色の有無、傘の裏、臭い、味もちぇっくしてみないと!


20150921mtfuji04.jpgぐるぐるを斜め上方から


どら焼 特大

20150921mtfuji05.jpgオオキノボリイグチ

20150921mtfuji06.jpgオオキノボリイグチの側面


にゅるっと

20150921mtfuji07.jpgキノボリイグチ

20150921mtfuji08.jpgキノボリイグチ 下方から