上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

130423nisidake2.jpg東岳から見た西岳
祠エリアが小さく見える。

二子山にクライミングでは何度も来ているが、山頂には一度も登っていない。
今回登ってみることにした。


130423sugi.jpgスタートは民宿「登人」の脇。
水を汲んで登り始めた。
クサイチゴの花とマルバスミレがかわいい。
沢沿いの道を登る。
最初は杉林で、植生も貧弱。


130423chidori.jpg広葉樹が見えてくるとうれしい。
写真はカエデの仲間のチドリノキ。
沢筋に多い。
丁度芽吹き始めたところ。

130423iwaone.jpg祠エリアを通り過ぎて、ローソク岩へ。
中央稜を横目で見て、トラバース気味に杉林を行く。
やがて、叶山立ち入り禁止の札から登り始める。
すぐに鎖が出てくる。
次の鎖は撤去されていた。
その後岩尾根をぐいぐい登る。
戸隠山や北アルプスの剣より怖いかも。


130423kanou.jpg山頂を削り取られた叶山
以前はすばらしい岩場があったらしい。

130423climbdown.jpg岩場のクライムダウン。
露出間ありすぎで、景色が怖すぎ!
なかなか骨のある登山道で面白い!


130423nisidake1.jpg西岳山頂を西側の尾根から見たところ。
右下の基部にローソク岩が見える。

130423rousoku.jpgローソク岩では埼玉県警が山岳救助の訓練していた。
東岳では、危険なガイドに出会った。
ロープ出して、客を登らせているのだが一から十までロープワークが間違っていた。
例えば、セルフビレーを作った支点が細い枝で、
メインロープを使わず、スリングで自分と繋いでいた。
中間支点がまったく無いのに、カラビナをロープに通して客を登らせていた。
落ちたら、基部まで落っこちて、次の客にぶつかるから大惨事になるだろう。
メインロープで支点作ってないから自分も宙吊りになるし、セルフの枝は細いから。。。
二子で事故が多いわけだ。
警察も大変だ。


130423yumi.jpg一日山登りを堪能した。

その後、弓状エリアに行った。
知り合いに混ぜてもらって、ちょっと登らせてもらった。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト二子山 登山 4月23日

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。