埼玉県小鹿野町にある二子山には石灰岩の岩場がある。
難度の高いルートも多く、クライミングのエリアとして人気がある。
岩場は南面しているため、冬でも太陽が出ていれば比較的温かい。
とはいえ、終日氷点下という日もある。
そんな寒い日でも、クライマーが通っている。
雪が降って、道路が通れなくなっても歩いて行くクライマーもいる。
手がかじかむので、石を火で熱してチョークバックに入れて登る人が多い。

そんな二子も春になると、いろんな花が咲く。
もちろん岩登りに行くのだけど、花が咲くころはわくわくする。
来週はもっといろんな花が咲きそうなので、行く機会があるたびにレポートする予定。

130409katakuri1.jpgカタクリ
カタクリは晴れた日しか花を開かない。

130409katakuri2.jpg大好きな春の花だ。

130409fukinotou.jpg食べごろのフキノトウ。
まだ、探せば残雪もある。

130409eizan.jpgエイザンスミレ

130409yabure.jpgヤブレガサ
食べごろ。

130409kibushi1.jpgキブシ
林道の脇、沢が交わるところにたくさん生えている。

130409kibushi2.jpgキブシの花

130409nirin1.jpgニリンソウ
ニリンソウの咲き始め。
始め紫を帯びたガク片が白くなっていく。
ニリンソウの花びらに見えるのはガク片。

130409nirin2.jpgニリンソウは咲き始めは1輪なのだろうか。
来週も観察してみよう。
スポンサーサイト