上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回はツクモグサ狙いで期待せずに行ったのだけれど、多くの高山植物に迎えられて、予期しない幸運だった。

簡単に写真とともに紹介する。

イワウメ イワウメ科 イワウメ属 Diapensia lapponica

iwaume06252012.jpg
岩稜で一番目立つ。

コイワカガミ イワウメ科 イワカガミ属 Schizocodon soldanalloides

コイワカガミ
標高が上がってくると、稜線に出る前に出現して、一番苦しいところでなごませてくれる。


キバナノコマノツメ スミレ科 スミレ属 Viola biflola

キバナノコマノツメ
普通は亜高山帯に見られるはずだが、なぜか岩稜帯で見かけた。

ミヤマキンバイ バラ科 キジムシロ属 Potentilla matsumurae
キジムシロ属 葉は複葉、羽状または3出状。托葉は葉柄と合着する。
花は5数性、ガク片と互生する副ガク片がある。

ミヤマキンバイ
そろそろ季節は変わって、黄色いバラ科の花はミヤマダイコンソウに移って行きそうな感じだった。

タカネザクラ バラ科 サクラ属 Cerasus nipponica

サクラ属 落葉または常緑の木本。葉は単葉で鋸歯縁。花は5数性。ガク筒は筒形または壺形。
雌しべは1個。子房周位で、核果を結ぶ。

タカネザクラ タカネザクラ


イワベンケイ ベンケイソウ科 イワベンケイ属 Phodiola rosea

イワベンケイ


クモマナズナ アブラナ科 イヌナズナ属 Draba sakuraii

クモマナズナ


ハクサンイチゲ キンポウゲ科 イチリンソウ属 Anemone narcissiflora

ハクサンイチゲ
ニリンソウとかアズマイチゲ、キクザキイチゲと同じ属(アネモネ)。


ミツバオーレン キンポウゲ科 オウレン属 Copris trifolia

ミツバオウレン


ミヤマハンノキ カバノキ科 ハンノキ属 Alnus crispa

ミヤマハンノキ
上向きなのが雌花。垂れ下っているのが雄花。

チシマアマナ ユリ科 チシマアマナ属 Lloydia serotina

チシマアマナ


参考文献
山と渓谷社刊「高山に咲く花」
保育社 原色新日本高山植物図鑑
保育社 原色日本植物図鑑 木本編 草本編
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト八ヶ岳で見られた花 稜線のお花畑 6/25 2012

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。