上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の小石川植物園 その2 木本編


201205sakura1.jpg

小石川植物園の花見


園内にお酒は持ち込めないけど、広い芝生の上でくつろげるのは良い。
スミレの本をしばらく見る。
毎年、春になるとスミレの復習をしないと、すぐに忘れてしまう。


201205sakura2.jpg


201205sakura3.jpg


201205sakura4.jpgコブシ
雪国で大木になったコブシが花開くのを見るのが好きだ。
戸隠ならゴールデンウィークごろミズバショウと一緒に見られる。


201205sakura5.jpgムラサキオンツツジ
ツツジの花がきれいだった。
園内にはいろんなツツジがあって、それぞれきれいだけど、見分けが難しい。
園内には看板があるけど、自然の山ではそんなものないから難しい。
そこらに生えているツツジを見分けられるようになりたいものだ。
今年はスミレの後は、ツツジの勉強をしたい。


201205sakura6.jpgイチョウの芽ぶき
雄花がついているから、雄の木。
雌の木の芽ぶきも見てみたいなぁ。
小石川植物園ではいろんな木が芽吹いていた。
梅の木もきれいな新緑だった。


201205sakura7.jpgハナズオウ
庭木にもよく植えられている。


201205sakura8.jpgドウダンツツジ
いろんな花が一斉に咲いていてにぎやかな小石川植物園だった。
一日いてもちっとも飽きなかった。
4時半過ぎに退出した。
そのあとは、播磨坂でビールを片手に花見をして、1時間半かけて帰宅した。
以前なら5分で帰れたんだけど、随分と便利なところに住んでいたんだと実感した。

スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト春の小石川植物園 その2 花見・木本編 3月29日 2013年

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。