牛久自然観察の森 9月 その2


その1からのつづきです。

エントランスが終わると、ネイチャーセンターがある。ここで、ルーペや双眼鏡を貸してくれる。子供の遊ぶスペースやセミナールームもある。

ネイチャーセンターの先は、草原から打って変わってうっそうとした森林のなかで、薄暗いしヤブ蚊が多くて閉口する。この公園は、22haあり、もともと杉やヒノキ林だったらしい。そこに間伐したりして手を入れて、今の自然観察の森になったらしい。公園のできた経緯は、牛久自然観察の森のWEBに詳しい。

この公園は何度か来たことがある。春にはホウチャクソウやチゴユリが咲いていた。間伐して日が入るようにしたら自然に生えてきたらしい。池を作ったらカワセミが来るようになったらしい。

薄暗い森で見かけた植物たち

yabukujiKanban.jpg yabukouji.jpg

gankubiKanban.jpg gankubiso.jpg

nusubitohagi.jpgヌスビトハギ

その他、見かけた花。ガンクビソウ、ヤブタバコ、オミナエシ、オトコエシ、アカネ、ヌスビトハギ、ヤマハギ、ヒガンバナなど。

牛久自然観察の森には月に1回は行こうと思うので、また、報告する。








スポンサーサイト