上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の後輩が戸越銀座に今月お店を
オープンしたので行ってきました


20151225solco02kanban.jpgお店の商品は塩。ソルトコーディネータでもある店長が国内、海外の塩を特選して販売していました。塩の産地が一か所にあんまり偏らないように案分していると言う話。いろんな地域や国があって面白かったです。

国内外でいろいろな地域の塩があったけど、自分が旅した地域のものは懐かしい感じがしました。
今年行ってきたキプロスの塩とか。

20151225solco01menu.jpgメニューとカウンター

お店のカウンターでは塩を味見できます。
私は味付けのしていないポタージュとコロッケ、おにぎりに各種塩をつけて味わってみました。

なかなか個性的な素敵な店ですので、興味のある方は覗いてみてください。
http://www.solco.co/

20151225solco03kanban.jpg塩の看板

20151225solco04display.jpgコスメのような商品の塩

20151225solco05lunch.jpg味付けのしていない塩のテイスティング用フード
カウンターにある好きな塩で調味することで、自分の好みの塩を探すことができます。

無農薬カボチャのポタージュ、
かりっとオーブンで焼いたコロッケ、
おにぎり、
オーガニックビール

20151225solco07tibet.jpg購入したチベットの塩

チベットの塩には硫黄の香りがしました。わたしは勝手に妄想をたくましくして、インド大陸がユーラシア大陸にぶつかったときに発生した高温のマグマを思い浮かべながら食べてみました。なかなか良かったです。ジェラートに塩を振って食べたのもグッドでした♪

20141226breckfast05.jpg翌朝

昨日はチベットの塩を入手したので、家にあるスロベニア産の塩と食べ比べてみました。
写真は塩をテーマにした朝ごはん。
作り方は以下の通り。
ワインのおつまみにも良いかも!

20141226breckfast01.jpg食材は塩の他はポテトとレモン、黒胡椒、クミン、トルコのミントと赤唐辛子。ポテトをオリーブオイルで炒めて蒸かしたものを用意しました。



20141226breckfast02.jpg最初は塩だけで食べ比べ

チベットの塩は硫黄分が溶けていて独特の味でピンク色。
スロベニアの塩はアドリア海に面した広大な塩田でローマ時代から綿々とつながる製法で作った白い結晶の大きい塩。

20141226breckfast03.jpg次に黒胡椒と塩

20141226breckfast04.jpgさらに、クミンと塩

最後は全部合えて食べました。さっぱりしていて美味しかったです♪
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト塩のお店にいってきた 12月25日 2015年

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。