上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014070600horoshiri.jpg
戸蔦別岳(とったべつだけ)から見た幌尻岳(ぽろしりだけ)

幌尻岳~戸蔦別岳


コース:幌尻山荘~幌尻岳~戸蔦別岳~幌尻山荘


沢を使って登るコースでよく歩かれている。
昔の山登りは藪を避けて沢から入るのが基本だったが、今でもそのスタイルを残している山は少ない気がする。
深田百名山にありがちな喧騒と離れたところにあってよい山旅ができた。

7月5日 くもり 豊糠山荘~林道ゲート~取水口~幌尻山荘


豊糠山荘は地元の小学校の一画にある。ここからシャトルバスに乗り換えなければならない。
往復3500円。幌尻の避難小屋は1泊1500円だ。合計5000円をここで支払った。
シャトルバスで林道ゲートまで約1時間かかる。
ゲートから取水口まで7.5kmは林道歩きだ。
ヨルバヒヨドリ、ガクアジサイ、ビランジ、ミヤママタタビや、いろんな蝶類をみながら歩いた。

2014070602shirotyo.jpgシロチョウの仲間

ピンクの花はビランジ

2014070603shirotyo.jpgシロチョウの仲間
この蝶はひとなつこく、目の前を横切ったり、あやうく腕にとまりそうになったりした。

アザミの仲間?
葉っぱは切れ込みのない単葉で沢筋に多く見られた。


2014070601misujicho.jpgミスジチョウの仲間

ミスジチョウの仲間だけど大きかった。

2014070604kuroageha.jpgカラスアゲハの仲間


2014070600sawa.jpg

沢は渡渉は多いもののよく周囲を見ながら歩けば難しいところはない。
今回は予想した以上に水量が少なかった。
今年は6月に暑い日がつづいて雪解けが早かったようだ。
折角沢靴を履いているので水線を通っていってもよかったけど、一応登山道の目印に従って歩いた。

2014070606ezohanashinobu.jpgエゾハナシノブ?

可憐な花。めずらしい花らしい。

2014070605oobamizohouduki.jpgオオバミゾホウズキ


7月6日 晴れ 幌尻山荘~幌尻岳~戸蔦別岳~幌尻山荘~取水口~林道ゲート


天気が良くて気持ちよかった。
とったべつだけには最初行かない予定だったけど、急遽行くことにしたのは正解だった。
お花を堪能できたばかりでなく、とったべつ方面から見た幌尻岳が雄大でよかった。
5時の終バスに間に合い、帰ることができた。朝4時から、午後16時15分まで12時間強の行動であった。

2014070600ohanabatake1.jpg
幌尻岳山頂手前のカールにて

2014070600ohanabatake2.jpg
山頂から戸蔦別岳に向かう稜線

2014070607kisuge.jpgニッコウキスゲ?

2014070608marubashimotuke.jpgマルバシモツケ

2014070609miyamahanshouduru.jpgミヤマハンショウヅル

2014070610gozentachibana.jpgゴゼンタチバナ

ゴゼンタチバナは普段あんまり自己主張する花ではないけど、
ここでは大きな群落が多くとても目立った。

2014070611chinguruma.jpgチングルマ

2014070612miyamakuwagata.jpgミヤマクワガタ

2014070613miyamaazumagiku.jpgミヤマアズマギク

2014070614sakuraso.jpgサクラソウの仲間

サクラソウ科

2014070615chisimahyoutanboku.jpgチシマヒョウタンボク?

スイカズラ属の仲間

2014070616yotubashiogama.jpgヨツバシオガマ

2014070617miyamashiogama.jpgミヤマシオガマ

2014070618ezogunnaifuro.jpgエゾグンナイフウロ?

フウロソウの仲間

2014070619hakusanichige.jpgハクサンイチゲ

2014070620ezokisumire.jpgエゾキスミレ

アポイ岳では会えなかったけどここで会えた♪

2014070621kibananokomanotume.jpgキバナオコマノツメ

2014070623chingurumahakusanichige.jpgチングルマ、ハクサンイチゲ、ミヤマダイコンソウ

2014070624miyamaodamaki.jpgミヤマオダマキ

2014070625iwaume.jpgイワウメ

2014070626iwatsumekusa.jpgイワツメクサ

2014070627takaneominaeshi.jpgタカネオミナエシ
(チシマキンレイカ)

2014070628miyamakinbai.jpgミヤマキンバイ

2014070629isotutuji.jpg
イソツツジとハイマツ 以下ツツジの仲間だけまとめた

2014070630komebatsugazakura.jpgコメバツガザクラ

葉っぱが米みたい

2014070631nagabatsugazakura.jpgナガバツガザクラ

2014070632iwahige.jpgイワヒゲ

2014070633aonotugazakura.jpg紅白2種類
手前:アオノツガザクラ
奥:エゾノツガザクラ


2014070634ezotugazakura.jpgエゾツガザクラ

2014070635mineduou.jpgミネズオウ

2014070636isotutuji.jpgイソツツジ

エゾツツジがなまったというが、エゾツツジは次。

2014070637ezotutuji.jpgエゾツツジ

2014070622kibanashakunage.jpgキバナシャクナゲ


2014070601nanatunuma.jpg幌尻岳 左下の雪渓は七つ沼カール
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト幌尻岳~戸蔦別岳 日高山脈の名峰 7月5-6日 2014年

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。