上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キンラン、ギンランは咲いているかと思い、牛久自然観察の森に行ってきた。

2014042901chigoyuri.jpgチゴユリ

ユリの仲間が咲きだしていた。
ワニグチソウも蕾をつけていた。

2014042902hochakuso.jpgホウチャクソウ

ホウチャクソウは毒草。
アマドコロは枝が分岐しない。
茎の断面が四角い(稜がある)ので区別する。

2014042903amadokoro.jpgアマドコロ

アマドコロは群生する。
根で増えるのだろうか?
有名な山菜なので、いつか食べてみたい。
ユキザサみたいにとろっと甘くて美味しいのだろうか?

2014042904sumire.jpgスミレ

葉の柄に翼がある。
きりっとしている。

2014042905sumire.jpg

2014042908togokumitsubatsutsuji.jpgトウゴクミツバツツジ

1つの芽に花と葉が入っている。
ミツバツツジの雄しべは5本なので見分けられる。

2014042906togokumitsubatsutsuji.jpgまず、花が咲く。

2014042907togokumitsubatsutsuji.jpgトウゴクミツバツツジ

花が終わると葉が展開する。

2014042909yamatsutsuji.jpgヤマツツジ

ヤマツツジの雄しべは5本。
花の上側の花弁に模様がある。

2014042909kinran.jpgキンラン

2014042911ikariso.jpgイカリソウ

2014042912ichirinso.jpgイチリンソウ

2014042913shirosagigoke.jpgサギゴケ

白花のムラサキサギゴケ。
もともとはこちらが本家で白いから鷺に例えられたらしい。

2014042914junihitoe.jpgジュウニヒトエ

2014042915karatachi.jpgカラタチの花

枝には鋭い刺がある。

2014042916sansho.jpg山椒の花

2014042917hanaikada.jpgハナイカダ

この若葉も山菜になるらしいが、食べたことがない。

2014042918himekozo.jpgヒメコウゾ

2014042919nishikigi.jpgニシキギ

2014042920hinageshi.jpgヒナゲシ?

行く途中の畑や土手には雛罌粟がたくさん!
虞美人草とも呼ばれる。

2014042921hinageshi.jpgナガミノヒナゲシ
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイト牛久自然観察の森 4月29日 2014年

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。