屋台・ファーストフード


屋台ではいろんなものが売っていた。焼き栗、スィミット(ゴマパン)、ドンドゥルマ(伸び~るアイスクリーム)、ザクロやオレンジのジュース、焼きトーモロコシと蒸しトーモロコシ、サバサンドなどなど。
ファーストフードの店も都会や観光地にはいろいろあった。チェーン店のほか、オトガル(バスのターミナル駅)にはドネルケバブや野菜等のサンドイッチやデュルム・ケバブ(ドネルケバブを薄い生地ユフカで巻いたもの)のスタンドやロカンタがあった。

20140121pan.jpgトロイ遺跡で食べたスィミット(ゴマパン)

トロイの後継者を自称するローマの時代はトロイ遺跡観光が盛んだったらしい。ローマ時代に作られた劇場の観客席に座って往時をしのびながらゴマパンを食べた。
トルコのパンは安くて美味しい!しかもパン屋が多いので便利だった。

20140119sabasand.jpgイスタンブール ガラタ橋付近の屋台のサバサンド。

5トルコリラ(約300円)
鯖の片身をよーく炒めて、焼いた野菜と一緒にサンドイッチにはさみ、その上から生野菜を載せて、塩とドレッシングをかけたもの。
ものすごく美味しかった!

20140119sabasand2.jpgサバサンドのアップ。

20140119yakiguri.jpgイスタンブール ガラタ橋付近

サバサンドで満足したので、屋台の焼き栗を買って帰った。
天津甘栗に比べると甘みが少なくて少し硬いけど、あっさりしていて美味しかった。これをつまみにホテルでエフェス(ビールの銘柄)を楽しんだ。

20140129fethie7.jpgフェティエ エーゲ海に面したレストランにて

お昼はお魚のサンドイッチ。サバサンドはバルック・エキメッキというけど、お魚のサンドイッチという意味らしい。
サバサンドかと思って注文したら、ここのバルック・エキメッキには白身魚のフライが入っていた。でも野菜もたくさん入っていて美味しかった。
水込みで6トルコリラ(300円)

20140116donerukebab2.jpgイスタンブール トプカプ宮殿のレストランのドネルケバブ。

ここからはボスポラス海峡を隔ててアジア側がよく見えた。

20140116donerukebab.jpgドネルケバブのアップ

20140121borek.jpgマルマラ海洋上の高速艇にて

イスタンブールのイェニカップの港の出港が朝7時と早いので、高速艇には充実した朝食のビュッフェがあった。
写真は朝飯のボレキ。船内にビュッフェがあって好きな料理をトレイに載せて、キャッシャーで清算というシステム。
ボレキは小麦粉の薄い生地をミルフィーユ状に重ねて、間にほうれん草とチーズ?が入っていた。味はまあまあ。もっとほうれん草が多ければまる。ちょっと油っぽいのでチャイ(紅茶)とよく合った。

20140121toast.jpgバンドゥルマのオトガルにて

写真はホットサンドとチャイ。ホットサンドの焼き目が縦に縞々に入っていてパリパリッとして、中に肉とチーズが入っていてとても美味しかった!
5リラ(ベシリラ)。

20040222konya3.jpgコンヤのマクドナルド店頭にて

マクドナルドの朝食セット320円
スクランブルエッグ、マフィン、チーズ、キューリ、トマトにチャイかコーヒー。
典型的なトルコの朝食メニューがマックでも食べられるようだ。


ロカンタ


ロカンタはトルコの大衆食堂。煮込み料理が各種食べられる。鍋を指させばとりあえずトルコ語ができなくても食にありつける。お酒は置いていないが、美味しくて安い店が多かった。
スープだけ頼んでもパンはだしてくれるので、安く早く食べたいときはスープを頼むと良い。スープだけなら4リラ(200円)程度。

20140117yushoku.jpgイスタンブールのロカンタ。
メインはマンタールソテ(マッシュルームのトマト煮)、
右上はキョフテ キョフテはミートボールのこと。トルコでは人気料理。ミートボールの表面に小麦粉がまぶして焼き上げてパリッとしていた。ジャガイモを添えて。
サラダ(ネギの仲間で、ネギほどは臭みがないので食べやすい)。

大好きなマッシュルームをたくさん食べられたので幸せ♪

20140121yushoku.jpgチャナッカレのロカンタ。

スープはメルジニッキ チョルパス(レンズ豆のスープ)、
プレートは3種盛り合わせ。お店の人に皿の大きさ(大・中)を指定して、鍋を指さして3種類盛ってもらうシステム。
この日はヒヨコマメの煮物、ジャガイモと肉の煮物(ちょっと肉じゃがっぽい)、ヨーグルトとマヨネーズとニョッキみたいなものが和えてあったもの。サラダは豆のサラダ。あとはコーラ。これで9トルコリラ。約450円。どれも、すごく美味しかった。

20140217mersin1.jpgメルスィンのロカンタ

ヒヨコマメのスープ、チキンの煮込み、付け合せのサラダ
このサラダは地中海地方では良く見かけた。セリの仲間と青唐辛子のピクルスだ。写真ではセリの下に隠れて少ししか見えないけど、青唐辛子のピクルスが数本隠れている。これを小さく切ってチキンやスープに入れて食べたら美味しかった。一種のソースだ。日本に帰ったらやってみたい一品。


レストラン


観光地、リゾート地、都会には中級・高級レストランが多々あった。値段は高いけど、味は良かった。ビールが飲めるのもうれしい。そういう店でも、チャイ(お茶)だけ飲んだら100円程度であがるのはびっくりした。

20140118garatabr4.jpgイスタンブール ガラタ橋のレストランにて(その1)

サラダがめっちゃ美味しかった。
トルコの野菜はとても味が濃くて美味しい。
このサラダには多分イワシのすり身とオリーブオイルを混ぜたようなソースが付いてきて、それもいけた。

20140118garatabr5.jpgイスタンブール ガラタ橋のレストランにて(その2)

メインディッシュのエビとマッシュルームの煮込み。
味は美味しかったけど、びっくりするほど旨いわけではなかった。
サラダに比べると感激は少ない。
マッシュルームに惹かれてしまった。

帰りがけに、ウエイターからフルーツのプレゼント。
なかでも、ザクロがジューシーでめっちゃ美味しかった!

20140129fethie1.jpgフェティエ エーゲ海沿いのレストランにて

手前はマッシュルームのトマトソース煮。奥はミックスサラダ。
マッシュルームの傘の裏にチーズが入っていて、オーブンでトマトソースと一緒に焼いた感じ。美味しいのだけど1人で食べるには量が多かった。
トルコではサラダにオリーブオイルとバルサミコ酢のような濃厚な酢をかけて食べることが多い。素材が良いせいか、これがとても美味しい。
この日は誕生日なので、ちょっと贅沢をしてしまいました。


パスターネ


一度も行かなかった。トルコではケーキ屋とパン屋が小さな街に行ってもあるのでびっくりした。原則的にお酒は飲まないせいか、ケーキ類が非常に充実していた。ホールのケーキが多いのは、毎日家で女子会を開いているからに違いないと想像していたが、実際はどうなんだろう?

20140121kanmi.jpgチャナッカレのパスターネ(その1)

ウィンドーショッピングのみ!
チャナッカレは地方都市。さほど大きな街ではないのにパスターネが何軒もあって驚いた。
このショーウインドーにはホールケーキがいっぱい!

20140121kanmi2.jpgチャナッカレのパスターネ(その2)

パンとお菓子

20140121kanmi3.jpgチャナッカレのパスターネ(その3)

ショートケーキ


キャッチバー


決して行ってはいけないお店。一度行って懲りた。基本的には六本木あたりのスナックとかキャバクラみたいなもの。とはいえ飲みというよりは、売春に力を入れていそうな店だった。そこの女性を持ち帰れるらしいけど、怖いものが見たい人は是非、挑戦してみてください。

20140116catchbar2.jpgイスタンブールのキャッチバーにて。

アンカラ出身で心理学を選考しているという彼女と話しつつ、いつ帰るか機会をうかがっていたら、売春の斡旋が。さすがにすぐなにもせず逃げて帰ったけど、昏睡強盗でないだけまだましだったかも。
思いきりぼられました!
スポンサーサイト