20140210olympos.jpgゲイキバイリのJOSITOの宿までオリンポスの宿Kadir's tree houseに迎えに来てもらった。この間のやり取りはメールで行ったが、返事が遅くてちょっとイラつく場面もあった。しかし、この宿は浮世のゴミ芥から離れた別世界にある宿だった。なんたって、神々のすむオリンポスにあるのだから。用があったら電話がてっとり早くて良いことがあとでわかった。
写真はツリーハウス。


20140210olympos2.jpgシャワーつきのバンガローを借りたが、お湯も出たし快適だった。1泊1000円強で、朝、夕がつき。しかも、朝はオムレツを目の前でお好みの具材で焼いてくれるし、夜は野菜の煮物2品とスープが必ずあって、サラダや他のおかずも、フルーツもあった。料理はどれも美味しくこの世の天国。何日もぼけーっと滞在して沈没したくなる宿だった。
そこで知り合ったデンマーク人女性クライマーのメッテも沈没していた一人だった。
彼女は朝ごはんのサラダとパンですばやく昼食用のサンドイッチも作っていた。

20140212canpa.jpg海も近いので、アクティビティはいろいろ。宿はクライミングにも力を入れているけど、客層はバックパッカーが大半だった。
写真は人工壁でキャンパしているところ。

20140211med1.jpg2月10日は移動日。オリンポスは朝雨が降ったと見えて濡れていた。同行のSさんは9日バリバリ登った疲れが出たのか、腹痛でダウン。私もレスト日とした。
翌2月11日はメッテを引き込んで、Sさんをなだめすかせて、今回一番行きたかった海辺の岩場ジェネット(天国という意味)の岩場へ繰り出した。写真はペガサス5.11aの終了点から地中海を望んだところ。

20140211med2.jpg終了点27m上からビレーヤーのSさんを見下ろす。
見事な垂壁。

20140211med4.jpgジェネットはオリンポスの看板セクター。美しい垂壁の岩場だ。鏡のように磨かれていて、朝日が反射してまぶしい。最も難しいのは14台まであった。垂壁の14はつるつるだった。向きは少し北東向き。朝だけ日が当たる感じ。もう身体がぼろぼろだったので、午前中で引き上げた。

20140211mette.jpgペガサスの下部のつるつるエリアを登るメッテ。

20140211med3.jpgジェネットは天国というだけあって、最高のロケーション。
午後は岩場の下のビーチでごろごろして過ごす。

遠くに見える雪をいただいた山がオリンポス山。
標高は2366m。

20140211ahiru.jpgアヒルに餌を与える。

20140212olympos.jpg2月12日は今回のクライミング最終日。今日もメッテを誘って3人ででかけた。
今日はヴァディの岩場へ行く。すごい急登の上にある岩場だ。ここは南面していてあたたかい。
Sさんもわたしもばて気味だったので、11台前半までの6本登った。この岩場も5.10cが悪かった。
メッテは"I'm happy!"と大声で叫んでいた。私も久々にたくさん登れて楽しかった。


20140210olympos3.jpg宿から岩場に向かう途中にある遺跡。
入場料は1回5リラ。10日のフリーパスが7.5リラ。
しかし、道案内のメッテは料金所の裏をかく抜け道を案内してくれた。
まるで、関所破りみたいだった。
彼女の言い分は「だって、私たちはフリークライマーだから」いいんだそうだ。

黄色いのは菜の花の仲間。

20140210olymposAlmond.jpg桜のように見えるのはアーモンド。
桜のの仲間(バラ科サクラ属)。

20140211hana3.jpg遺跡でみつけたキンポウゲの仲間。
多分、野生のアネモネかな。

20140211hana.jpgもう一枚。
日本ではニリンソウが近縁(同属)

20140212ayame.jpgアヤメの仲間。
随分、いろんな花が咲いたり、鳥も多く見かけ、オリンポスは自然がいっぱいで良いところだった。
岩場に行くには川渡りがあったり急登があったりワイルドな岩場だった。



今度行くことがあったら、沈没しに行こうかな。
たまにクライミングしたり、海にいったり、なにもしなかったり、本を読んだり。
浮世を忘れるには良いところだった。

(後日談)アランヤに移動したら、財布が見つからなかった。最後に見たのはオリンポスの宿での支払いのとき。やばいってんで電話して探してもらった。宿の人から部屋の名前を聞かれたけど、思い出せないと答えた。結局、冷静に探したらザックの中にあったんだけど、同時に部屋の名前も思い出した。"Don'T Panic"。忘れられない名前となった。宿には電話とメールであやまったんだけど、今回はすぐに返事が来た。

Hello,
It’s OK. Hope to see you again.
Best regards,
Maha


スポンサーサイト