上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140126train1.jpg今日はセルチュクからパムッカレに移動です。トルコに来て初めて昼間に雨に降られました。今日は移動日だから、まあいいか。
トルコはバスの便が良いので基本バス旅行なんだけど、今回の移動は鉄道でも(ちょいと不便なんだけど)できるので、あえて、鉄道の旅を楽しみました。

20140126train2.jpg電車(実際はディーゼル)に乗って思うのは、鉄道の旅は楽しい!まず、自動車の道路を通らない。だから、田舎の風景がダイレクトに飛び込んでくるのが良いです。座席が高いから遠くを見渡せるのも良かったです。


さて、トルコは今日も危険がいっぱいでした。
トルコ人のおっさんから「行くだけならビール1杯10リラ(500円)だよ。
女の子持ち帰ったら1晩2万円だよ」とディスコに誘われました。
面白いおっさんなので女の子にはあんまり興味ないけど付いていきたい気持ちはやまやまでした。
だけど、もちろん、行きませんでしたよ。

現代の日本人にはある意味少ないワイルドなおっさんで、びっくりしました。
おっさんは泊まっているホテルのオーナーの親父さん。
見た目は60歳くらいに見えるんだけど実際は42歳。
少し前まで地元のリーグでアマチュアのサッカー選手もしていたらしい。
背は高くなくて160cmくらいで精悍な感じ。
26歳の子供(いくつで子作りしてるんじゃ)を先頭に12人の子供と両親と4人の妻を持っていて、でかい家のでかいダイニングルームで総勢19人でご飯を食べるらしい。
4人の奥さんは同じ家で暮らしているという。
それだけでは足りず、地元に1人、アルメニアに1人、マレーシアに1人愛人がいるらしい。
さらに、韓国にも彼女を作りたいなぁなんて言っている始末。
ほら吹き親父かと思って、その場でおっさんの息子(ホテルのオーナー26歳)に、「本当?」って聞くと本当だよと当たり前のように答えられてまたびっくり。
トルコでは親子で父親の女性関係の情報まで共有しているんだ。
しかも、セックス大好きで6時間ぐらい、、、と豪語。
今日も出陣してお持ち帰りしようとしているし。。。

このおっさんはもちろん大金持ちなんだけど、家庭が崩壊していないのはなぜなんだろう。
奥さんたちは不満はないのだろうか?
奥さんの一人とおぼしき人はお土産屋の店主でわかるのだけど、そんなこと聞けないよね。。。
人間の幸せってどこにあるんだろう。
家族が多ければよいというものでもなさそうだし、一人ぼっちが幸せかといわれれば自信はないし、いろいろ考える機会があって旅は楽しいです。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトトルコ旅行の記録9 今日も地雷が待っていた

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。