上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140121trova1.jpgトロイ行きのバス

オフシーズンのデメリット
・バスの本数が少ない(終バスが早い)
・博物館などのオープン時間が短い(修復のため休館してたりする)

オフシーズンのメリット
・他に誰もいないので、じっくり見られる
トロイの遺跡に出かけたとき、観光バスが2台停車していたが入れ違うように出て行った。ほぼ、一人で古代に思いをはせながら誰にもじゃまされずにピクニックが楽しめた。



20140121trova2.jpgトロイ遺跡のエントランスにある木馬

木馬はトロイの象徴だけあって、いろんなところにあった。
チャナッカレの港には映画で使われたものが、
途中のドライブインにも。

20140121trova4.jpg城門に通じる坂道

トロイの遺跡は紀元前3000年からローマ時代に至る9つの層が重なり合っている。遺跡は公園になっていて、順路にしたがって歩いていくと、いろんな層が見られる。

この城門に通じる坂はホメロスのイーリアスより1000年以上古いものらしいが、アキレウスやヘクトール、パリスなど英雄たちが闊歩した場所かもと思い、しばし感慨にふけった。

20140121trova5.jpg遺跡自体は、さほどびっくりするようなものではない。
でも、実際に現地に来て見ないとわからないことがある。そのひとつは強い風が吹いていること。古代において、操船するのに風向きは重要だった。トロイのあたりで風向きが南に変わるのを待って黒海に出航したらしい。
丁度出かけた日は南風。普段は北風らしい。エーゲ海からの風に吹かれて、ふと、ジュディオングのwind is blowing from the Aegeanを思い出した。


20140121pan.jpg遺跡にはお土産ショップぐらいしかない。
なので持っていったゴマパン。
ローマ時代に作られた劇場の観客席に座って食べた。
トルコのパンは安くて美味しい!
しかもパン屋が多いので便利。

20140121yushoku2.jpgチャナカレにもどって戦争博物館に行った。
海軍が管轄している。機雷や魚雷、潜水艦や大砲などが見られた。
1次大戦では激戦が繰り広げられたらしいが、時代が変わってダーダネルス海峡を守るのにここに基地がある必要がなくなったのだろう。今は公園として開放されていた。

夕食は昨日と同じ店。外食してごはんが美味しいのはうれしい。
アメリカとは大違い。
でも、そろそろ自分で作って食べたいなぁ。。

20140121chanakar.jpgチャナッカレの港にある木馬

20140121sakana.jpg20140121sakana2.jpg

漁師のおじさんが魚を売っていた。まだ生きていて跳ね回っている。これ買いたいなぁと思った。
猫たちが魚を欲しそうに遠巻いていた。なにげないふりをしてても、魚が跳ねて地面に飛び出すとさっと緊張感が走るのが面白かった。

20140121beer.jpg夕方のダーダネルス海峡を見ながら、ギリシア神話を読む。

出発前にイーリアスとオデッセイア、ギリシア神話、シュリーマンの伝記を読み直してきた。これは、彫像を見たときに、とても役に立っている。ホメロスはまだストーリーがあるので良いのだけど、ギリシア神話は登場人物の名前や神々との関係がすぐに混乱して忘れてしまうので再度復習。明日はベルガマに出発する。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトトルコ旅行の記録5 オフシーズンは最高! トロイ遺跡

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。