上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140119yaoya.jpgトルコの料理が美味しいわけ

東京でトルコ料理を食べてもだめかもと思える写真。
東京のスーパーで安くて新鮮な野菜は買えないですもんね。
紀伊国屋とか伊勢丹にいける人なら別だけど。

この野菜たちがトルコ料理の主役なのかも。


20140119sakanaya.jpg切り身の魚を買っているようじゃ。。。

日本の食卓について考えさせられます。

20140121ferry.jpgさて、本日はアジア側アナトリアに移動です。今日の目的地はトロイ観光の起点となるチャナッカレです。

最初バスで移動しようと考えたのですが、船でも行けると気づき、急遽船旅に決定!
あわてて、ホテルの人にタクシーを呼んでもらい、イェニカップの港まで数分で到着。
まだ、夜が明けない、朝7時出航です。

20140121shukko.jpgデッキにでてマルマラ海を堪能しようと船で旅にでたのですが、高速船なので?、デッキに出られなかった。
がっくし。

日の出のころ。船室の照明がガラスに映っています。

でも、船内探索すると、お祈りの人の部屋があったて拝めるようになっていたり、それなりに面白かった。
しかし、船内でメッカの方角がわかるのだろうか?

20140121borek.jpg景色は諦めたので胃袋。

写真は朝飯のボレキ。船内にビュッフェがあって好きな料理をトレイに載せて、キャッシャーで清算というシステム。
ボレキは小麦粉の薄い生地をミルフィーユ状に重ねて、間にほうれん草とチーズ?が入っていた。味はまあまあ。もっとほうれん草が多ければまる。ちょっと油っぽいのでチャイ(紅茶)とよく合う。

20140121toast.jpgアナトリア側の港はバンドゥルマ。約2時間で到着。
乗客は先を争うように下船。
自分は時間があるし、行き先を間違えるととんでもないことになるので慎重に移動。
バンドゥルマのオトガルに市内バスで到着すると、丁度長距離バスが出発するところ。
次のバスを待つことにして、ちょっと早いけど昼食。
写真はホットサンドとチャイ。ホットサンドの焼き目が縦に縞々に入っていてパリパリッとして、中に肉とチーズが入っていてとても美味しかった!
トルコ語の本を見ていると、お店のお兄さんが覗き込んで、発音をしてくれる。
なかなかありがたいけど、ありがとう(テシェッキュレ エデリム)というだけでしどろもどろでした。

20140121dardanes.jpgようやくたどり着いたチャナッカレの港。
目の前はマルマラ海。
写真でも見える対岸はヨーロッパ側のゲリポリ半島。
ダーダネルス海峡の夕暮れ。

20140121yushoku.jpgチャナッカレで食べた夕飯。スープはメルジニッキ チョルパス(レンズ豆のスープ)、プレートは3種盛り合わせ。ヒヨコマメの煮物、ジャガイモと肉の煮物(ちょっと肉じゃがっぽい)、ヨーグルトとマヨネーズとニョッキみたいなものが和えてあったもの。サラダは豆のサラダ。あとはコーラ。これで9トルコリラ。約540円。どれも、すごく美味しかった。あんまり美味しいので、明日もこの店に行く予定とする。

写真は食べる前にあわてて撮ったのでストローとフォーク、スプーンがとっちらかってしまいました。

20140121kanmi.jpgトルコにはケーキ屋さんが多い。

今日はウィンドーショッピング。
近いうちに試してみよう!

20140121kanmi2.jpg

20140121kanmi3.jpg
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトトルコ旅行の記録4 マルマラ海を船で渡った

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。