上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20140119medusa.jpgイスタンブール4日目。

今日はとりあえず、まだ見ていないものを片っ端から回ってみることにした。
まずは、地下宮殿。
ビザンチン帝国時代に作られた地下貯水池。
今でもきれいな水がたまっている。
写真はメドゥーサの逆さの頭にのっかる柱。

20140119kariye.jpgカーリエ博物館

トラムT1、T4を乗り継いで行く。
場所がわかりにくい。
が、行ってみて了解。
ビザンチン帝国時代の修道院をそのまま見せているからだ。
そんなに大きな修道院ではないが、モザイク画が美しい。
移動が苦でなければ一見の価値がある。
オスマン時代はモスクに使われていたのだけど、偶像崇拝禁止のムスリムがモザイク画を漆喰で塗り固めていたため、保存状態が良いらしい。


20140119kariye2.jpgアダムとイブを救済しようと手をとるイエスキリスト。

カーリエ美術館からガラタ橋まで3-4km歩くことにした。

20140119slayman.jpgシュレイマニエ・ジャーミー

シュレイマン大帝夫妻の霊廟もあった。

20140119weddindress.jpg花嫁衣裳店がずらりと並ぶエリアを通った。

なかなか斬新な色使いの衣装があって楽しい。
拡大してみるとわかるけど、顔もワイルド。

20140119istiklai.jpgガラタ橋では屋台の焼きとうもろこしを買って食べる。
硬いとうもろこしだった。飼料のような感じだったけど、おなかがすいたのでよく噛んで食べた。
ガラタ橋からはトラムとロープウエイを使って新市街の中心地タクシム広場へ移動。

写真はイスティクラール通り。新市街の名物通りらしい。銀座と原宿を足して割ったような感じかなぁ。
ガイドブックlonely planetではイスタンブールのお勧めなんだけど、さっきの花嫁衣裳通りのほうが百倍面白かった。


20140119freshjuice.jpgザクロのフレッシュジュース。
目の前で万力のようなものでジュースを搾ってくれる。
これで約120円。少し苦いけど甘すっぱくて美味しかった!

このあと変なヨーロッパ系観光客から英語で声をかけられた。
一緒に写真とってもらえないでしょうか?
「なんで」
人生のモテ期に入ったのか?

20140119melvi.jpgガラタ・メヴラーナ博物館

イスティクラール通りに来た理由はこの博物館を見るため。
1491年に創立されたメヴレヴィー教団の修行場のひとつらしい。
写真は回旋舞踏(セマー)のステージ。
トルコにいるあいだに一度見てみたいところだ。

時期によっては実際の公演もここで見られるらしい。
とりあえず、博物館でビデオでは見られた。

20140119melvi2.jpgセマーの絵

20140119melvi4.jpg文字の意味はわからないけど、カリグラフィーが美しい。

20140119sabasand.jpg今日のメインディッシュは屋台のサバサンド。

5トルコリラ(約300円)
鯖の片身を炒めて、サンドイッチにはさみ、その上から野菜を載せて、塩とドレッシングをかけたもの。
ものすごく美味しかった!

20140119sabasand2.jpgサバサンド

20140119yakiguri.jpg焼き栗を買って帰った。
少し硬いけど美味しかった。
今日の食費はトータル700円ぐらいだったけど、満足できた。
スポンサーサイト

Thoughts on スポンサーサイトトルコ旅行の記録3 屋台で食べ歩いた

Leave a Reply

* less than 16 characters
* less than 24 characters
* less than 16 characters
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。