キノコ料理の備忘録

タマゴタケ



20130913tamagotake3.jpgタマゴタケ

今年初めてとっても美味しいと思えるようになった。
いつもキャンプ場で適当にオムレツにして食べいた。
これはこれでとても美味しいのだが、パンチにかける気がしていたのだ。
今まで足りなかったのはバターと牛乳or生クリームだったのだ。


20130926creampasta.jpg最近、知人からタマゴタケのクリームパスタをご馳走になって、びっくり!
めちゃくちゃ美味しい。
早速、秋ナスと鮭とタマゴタケ、ウスヒラタケ、ナラタケとハナイグチのパスタを作ってみた。新しい境地を切り開いた感じでうれしい!


オオツガタケ


20130913ootsugatake1.jpgオオツガタケ
廻り目平で採れるキノコのなかでもっとも美味なキノコのひとつ

小川山以外ではあんまりお目にかかれない。
けど、小川山ではたくさん取れるキノコ。
和洋中、どんな料理にもあう万能キノコだ。
ウルメイワシに添えて食べたらすごく美味しかった。



20130926urumeiwashi.jpg左:ウルメイワシの炒め物、季節の野菜とオオツガタケ添え
右:オオツガタケとハナイグチのキノコ汁

実家で冷蔵庫を覗いたらウルメイワシがあった。
お袋は肉は食べたくないそうなので、
ウルメイワシを洋風に焼いて、
キノコのソテーと一緒にだしたら美味しかった。
お袋も喜んでくれた。
作り方:キノコと野菜をバージンオイルで炒める。
ウルメイワシは開いて、骨ごとざく切りにして、塩、胡椒をふる。
ニンニクをバージンオイルで炒める。
ニンニクは取り出して、ウルメイワシを入れて炒める。
イワシに火が通りかかったらワインを入れて蒸し焼きにする。


20130926rizotto.jpgオオツガタケのリゾット

岩場にお弁当にして持っていったけど、冷えても美味しかった。
岩場の弁当男子になれるかも。

20130926sebun.jpg手抜き料理 その1

セブンイレブンのパスタにオオツガタケをトッピング
手間いらずで美味しかった。
ちゃんとした皿に盛って、バジルとか添えて出したら、
セブンの弁当だとは思わないかも。



ヤマドリタケモドキ


20130913yamadoritakemodoki2.jpgヤマドリタケモドキ

イタリアではボルチーニ、フランスではセップなどと呼ばれ珍重されるキノコの仲間。
狭義ではヤマドリタケを指すらしいが、一般には近縁種も含むらしい。
最初生のボルチーニを炒めて食べた。
こりこりした食感がなかなか良かった。
次に干して食べた。
味に深みが出て、香りも増した。
ボルチーニは少し干すと美味しくなることがわかった。
なかでも半乾き状態がなかなか良かった。

20130926hinaijidori.jpgベネチアでボルチーニを初めて食べた。
このときはステーキに添えてあって、香りも味も最高だった。
以来、ボルチーニは肉料理と合わせることが多い。

今回は比内地鶏のソテーに合わせてみた。
旨かった!

20130926omretto.jpg上:のボルチーニのオムレツ
下:アカジコウのオムレツ

美味しいキノコで作るオムレツはとっても美味しい。
ボルチーニ、アカジコウ、キンチャヤマイグチ、オオツガタケどれもみんな美味しい!



マツタケ


20130925matsutake2.jpgマツタケ

マツタケが採れると、どのようにして食べるかが次の問題になる。

20130925matsutake3.jpgマツタケのホイル焼き。
香りもよく、歯ごたえもなんともいえない。
シンプルで美味しかった!


雑キノコ


ひとつ一つはもちろん美味しいのだけど、いろいろなキノコを組み合わせると複雑な味のハーモニーになる。ハナイグチ、ヌメリイグチ、ナメコ、チャナメツムタケ、シロナメツムタケ、クリタケ、キヌメリガサ、クリフウセンタケ、アブラシメジ、ナラタケ、などなど。
キノコなべの定番!

20130926maruchan.jpg手抜き料理 その2
1.キノコ、野菜を炒める。
2.水を足して沸騰させる。
3.麺を入れてゆでる。
4.お椀に盛ってできあがり。
簡単にできるけど、案外美味しい。

スポンサーサイト