Monthly Archives : 2014/03

スポンサーサイト - --/--/--(--)
春の小石川植物園 2014年3月23日 - 2014/03/28(Fri)
久しぶりに小石川植物園に行ってきた。今回の目的はユキワリイチゲとツクシスミレ。両方見られて良かった。オオイヌノフグりやコゴメイヌノフグリ、ハコベなどが一斉に花を咲かせていて、春を堪能できた。天気が良くて最高の観察日和だった。写真の他に咲いていたのは、クサイチゴ、モミジイチゴ、ナノハナ、ナズナ、ノゲシ、ハナニラ、ウメなど。咲いていなかったのは、オドリコソウ、ハルジオン、ニリンソウ、バイモ、ヒエンソウ...
スミレの季節 2014 その4 アオイスミレ 3月25日 牛久自然観察の森 - 2014/03/27(Thu)
アオイスミレの仲間はユーラシア大陸に多くが生息する。日本にはアオイスミレとエゾアオイスミレの2種類が自生する。株の根基につく球形の果実、カギ形にまがる花柱の先などが特徴。栽培されるニオイスミレもこの仲間。3月25日 牛久自然園にて[メモ]・花期はスミレの中でも最も早く咲く・地上茎がある・全体に毛深い・花柱は下向きに折れ曲がる3月25日 牛久自然園ではまだタチツボスミレが咲いていなかった。オオイヌノフグリが...
スミレの季節 2014 その3 タチツボスミレ - 2014/03/27(Thu)
2014年にみかけたタチツボスミレの写真集(予定)。湯河原幕山公園 3月12日[メモ]・地上茎あり・托葉は櫛状・花の色は薄い・中心部分の白色がはっきりしない・花柱がまっすぐ・距の色が薄くて細長い小石川植物園 3月23日花弁が丸みを帯びてかわいらしい...
スミレの季節 2014 その2 ツクシスミレ 3月23日 小石川植物園 - 2014/03/25(Tue)
ツクシスミレViola diffusa「日本のスミレ」によれば、名前の通り九州(長崎、熊本、鹿児島県)、沖縄(本島)に分布するツクシスミレ。あこがれのスミレだったけど、3年前ふと地元(当時は小石川植物園の隣接したマンションに住んでいた)の小石川植物園(東京都文京区)で見つけてびっくりした。今年も見られて嬉しい!3月23日 小石川植物園にて[メモ]花の色が変わっているので間違えることはない。地上茎あり。...
スミレの季節 2014 その1 ニオイスミレ 3月16日 茨城県牛久市 - 2014/03/25(Tue)
ニオイスミレViola odorata帰化植物。ヨーロッパ、北アフリカ、西アジアの森林帯に自生する。1-3月のトルコツアーではいろんな春の植物が見られたものの、スミレ類はまったく見つけられず残念だった。ヨーロッパでは普通のスミレだけど、日本ではそんなに見られないと思って探していたら、実家で発見した。お袋が食卓に飾っていてびっくりした。すごくはっきりと良い香りがした。あわてて写真に収めた。[メモ]良い香りがある。花弁...
トルコの花 - 2014/03/25(Tue)
1月中旬から3月上旬までの旅行だったが、案外多くの地中海やヨーロッパ原産の野生植物に出会えて嬉しかった。オリンポス周辺のお花畑 2月11日アネモネのほか、菜の花類、ユリの仲間、アヤメの仲間などいろいろ見られた。アネモネ 2月11日 オリンポス(地中海沿岸)にて和名ボタンイチゲ Anemone coronaria自生地で見られて嬉しい!アネモネ 2月11日 オリンポス紫花アネモネ 2月14日 アランヤ(地中海沿岸)にて白花シクラ...
トルコ料理 朝食・スープ・きのこ・野菜料理編 - 2014/03/19(Wed)
朝食トルコの宿の朝食はどこでも似たメニューだった。野菜はトマトとキューリ、白いチーズ、パンとチャイかコーヒーが定番だった。白いチーズは塩が効いているけど、いろんなものに合わせて食べると美味しい。すっかり、このチーズが大好物になったが、水分が多いので持って帰れなかったのが残念!朝食の定番写真はベルガマの宿の朝食。パンの下の皿は時計回りにトマトと白チーズ、プロセスチーズ、キューリ。ジュースの隣はヨーグ...
トルコ料理 肉・魚料理編 - 2014/03/19(Wed)
肉料理キョフテキョフテは肉団子料理。焼いたり煮たり揚げたりいろいろ。キョフテ(1)衣をつけて焼いた肉団子。パリッとして美味しかった。キョフテ(2)焼いた肉団子。日本のハンバーグみたいな感じ。これなら、ハンバーグの方が美味しいと思った。美味しい店もあるんだろうけど。。付け合わせはピラウ(焼きご飯)キョフテ(3)イズミル・キョフテ(イズミル風肉団子)ジャガイモと一緒にトマトソースで煮込んだもの。キョフ...
トルコ料理 お店編 - 2014/03/18(Tue)
屋台・ファーストフード屋台ではいろんなものが売っていた。焼き栗、スィミット(ゴマパン)、ドンドゥルマ(伸び~るアイスクリーム)、ザクロやオレンジのジュース、焼きトーモロコシと蒸しトーモロコシ、サバサンドなどなど。ファーストフードの店も都会や観光地にはいろいろあった。チェーン店のほか、オトガル(バスのターミナル駅)にはドネルケバブや野菜等のサンドイッチやデュルム・ケバブ(ドネルケバブを薄い生地ユフカ...
トルコ料理 素材編 - 2014/03/17(Mon)
今回の旅行では一回も自炊しなかったので、肉類、チーズ類をいろいろ試せなかったのは残念だった。でも、毎回外食でも飽きなかったのは、料理が美味しいからだと思う。香辛料は最終日のイスタンブールに、エジプシャンバザールで大人買いした。写真がないのが残念。唐辛子とミントは良かった。乾燥イチジクも安くて良かった。乾燥豆類はオレンジのレンズ豆、ヒヨコ豆を買った。旅行中のバザールでは見ているだけが多かったので、買...
トルコ旅行の記録22 サフランボル - 2014/03/11(Tue)
サフランボルは100-200年前の古民家がよく保存されている地区だ。オスマントルコ時代の庶民の暮らしが今に伝わっている。煙突から煙が出ている家はパン屋さんだった。アーモンドの花と街並み古い街並みにマッチする初代のフォルクスワーゲンGOLF。昔の憧れの車。丁寧に乗っているので今でもきれいでかっこいい。30年以上前の車とは思えない!内部を公開している民家男のリビング。窓に目隠しがない。女性部屋は厳重にカーテンが引...
トルコ旅行の記録21 ボアズカレ - 2014/03/11(Tue)
ボアズカレには4500年ほど前のヒッタイトの首都があった。ヒッタイトは鉄器を持っていて、版図を大いに広げたらしい。ここから出土した粘土板には、およそ2000km離れた古代エジプトとの和平条約が刻まれていたというから驚きだ。ハットゥシャ遺跡の全景。黄色の線が城壁だ。約8kmあるらしい。復元された城壁の一部。出土した土器から形態を推測して復元したらしい。このような城壁が王城の周囲を囲っていたらしい。石組の上に日干...
トルコ旅行の記録21 アンカラにいったけど - 2014/03/11(Tue)
アンカラにはアナトリア文明博物館に行きたくてでかけた。宿はウルスの駅から北西に2-3km行ったところにあるホテル。ホテルは良かったけど、周囲の環境が今一つだった。ロカンタで食事を食べていると、店の従業員がペットボトルとか紙切れを道路にぶちまけていた。道路は砂埃だらけで、PM2.5の数値も高そう。都会では鼻や喉がやられることが多いけど、アンカラはひどかった。そして、お目当てのアナトリア文明博物館は修理のため、...
トルコ旅行の記録20 カッパドキア - 2014/03/11(Tue)
[高画質で再生]カッパドキア気球からの動画カッパドキアの早朝。パムッカレの宿のJKの一押しだったので、大枚はたいて熱気球乗ってみた。天気は雨でいまいちだったけど、案外楽しかった。勧められなかったら多分乗らなかったので、体験してよかった。カッパドキアは広範囲にわたって見所があって公共交通機関では厳しいので、トルコに来て初めてツアー(レッドツアー)に参加した。レッドツアーはカーペット屋に連れて行かれたりし...
トルコ旅行の記録19 新石器時代の遺跡チャタル・ホユック - 2014/03/09(Sun)
コンヤの近くにある新石器時代の遺跡チャタル・ホユックに行ってきた。古い層で9400年前、新しい層で8000年前という古い遺跡だが、出土品や壁画のレベルが高くてびっくりした。写真は、骨の柄がついた石器の短剣。宝飾品といってもよいくらい精巧な作りだ。小物たち真ん中は穴のあいた板と留め金(骨?)衣類に使われた世界最古のチャックではないかと説明があった。石器土器家屋の壁画(複製)発掘された品の多くはアンカラのアナ...
トルコの旅行記録18 新旧コンヤとセマー - 2014/03/09(Sun)
ルーム・セルジューク朝時代の建築物とセマーコンヤはルーム・セルジューク朝の首都だったため、多くの遺跡が残っている。12-13cの建築物がいくつか見られた。インジェ・ミナーレ博物館は代表的な建築物。インジェ・ミナーレ博物館の天井のドームインジェ・ミナーレ博物館の側面。インジェ・ミナーレ博物館の天井インジェ・ミナーレ博物館の癒し系?のライオンカラタイ博物館では多くのタイルが見られた。カラタイ博物館の天井カラ...
トルコ旅行の記録17 キプロス島は平和な島だった - 2014/03/04(Tue)
クズカレスィの田舎生活はのんびりとしていて楽しかった。2月17日、そこからバスで2時間くらいで大都会のメルスィンにたどり着いた。上京したての田舎物の気分だ。メルスィンはトルコのマルセイユとも呼ばれる港湾都市だ。待ち行く人のスピードは早い。また、アラブ系、アフリカ系、アジア系の人も目立った。フェリーの桟橋の近くで日暮れを待った。フェリーは6時にチェックイン開始、8時出航だった。メルスィンで食べた昼食。ヒヨ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。