上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

God fingers


When I was doing the dishes this morning, there was a small fly stopping at the kitchen sink.
At the moment, I picked it up with my fingers unwillingly.
That's unbelievable!
20160623godfingers.jpg


スポンサーサイト
2016060800koajisai.jpg
Koajisai

A day in Hourai



I enjoyed watching many kind of beautiful wild flowers,
climbing some steep crags and drinking lots of beer,wine and sake(rice wine). :-)

2016060801sasayuri.jpg
Sasayuri
Lilicum japonicum
This is my favorite flower in Horai.

At this time of year I love Sekkoku a menber of the orchid family. Although I found it during climbing, I couldn't take its photos.

2016060802michi.jpg
The murmur of a stream

2016060803koajisai.jpg
Koajisai
Hydrangea hirta

2016060804kakinohagusa.jpg
Kakinohagusa
Polygala reini

2016060806jibun.jpg
I enjoy climbing once in a while.

2016060807tutuii.jpg
Mochitsutsuji
Rhododendron macrosepalum

2016060808shida.jpg
Beautiful fern is gathering together.
I'm sorry I don't know its name.


あとで
20151024ogawayama01.jpg
大日広場から屋根岩方面を望む

小川山散策&クライミング


天気が良い週末だけあって、駐車場は満車。
ボルダリングのエリアはどこも人がいっぱいだった。

天気がよく日向は眠気を誘う陽気。
われわれはゆっくり散歩してから、水晶スラブで少し登った。

20151024ogawayama10.jpg水晶スラブからマラ岩、妹岩方面を望む。

カラマツの黄色が眩しい。

20151024ogawayama02.jpgナナカマドの実

苦い!
高山に生えるタカネナナカマドの実は甘酸っぱくて食べられるらしい。

20151024ogawayama03.jpgナナカマドの葉

ウラジロナナカマドの小葉は先端から半分だけ鋸歯がある。
タカネナナカマドの実は少ない。
ナンキンナナカマドの小葉はほっそりしている。

20151024ogawayama04.jpgマユミ

ニシキギ科の仲間は秋になると紅葉と裂開した果実が目立つ

20151024ogawayama05.jpgヒロハツリバナの果実

これもニシキギ科の仲間

20151024ogawayama06.jpgヒロハツリバナの葉と裂開する前の黄色い実

20151024ogawayama07.jpg紅葉したカラマツ 短枝に数多くの葉がつく

20151024ogawayama08.jpgオオモミジ 紅葉の定番

20151024ogawayama09.jpgヤマブドウ

甘酸っぱくて美味しい!

20150921mtfuji19.jpg
モフモフハナガサタケ(うそ) ぼさぼさ ぼさぼさ みんな ぼさぼさ

富士山できのこ狩り


その3 その他のきのこ

20150921mtfuji20.jpgハナガサタケ??

色や全体のフォルムというか雰囲気はスギタケ。
麟片の雰囲気はハナガサタケ。

よくわからないので、仮にモフモフハナガサタケとここでは呼びます(笑)


20150921mtfuji21.jpgモフモフハナガサタケの軸と傘の裏側

20150921mtfuji22.jpgサクラシメジモドキ

20150921mtfuji23.jpgサクラシメジモドキのアップ

傘の裏につば(繊維状)があるのがモドキの特徴

20150921mtfuji24.jpgカキシメジ 針葉樹タイプ

針葉樹タイプのカキシメジは中実でしっかりしている。
この個体には傘の裏のヒダにはシミがない。
マツシメジとも呼ばれ、食べる地方もあるらしい。
図鑑によっては針葉樹タイプは無毒とも記述されている。

広葉樹タイプのカキシメジはもっとなよっとしていて、軸は中空なものが多い。
傘の裏側のひだにシミがあるものが多い。

20150921mtfuji25.jpgナラタケ

20150921mtfuji26.jpgナラタケのアップ

20150921mtfuji27.jpgクヌギタケ ?

ランプシェードのようなかわいいきのこ


20150921mtfuji28.jpgベニテングダケ

傘の上の白い破片が取れてしまったタイプ。

20150921mtfuji29.jpgテングタケ

このこも破片がない。雨でながされたのかな。
軸が白いタマゴタケはないので見分けは簡単。

20150921mtfuji30.jpgハナホウキタケ ?

かわいいホウキタケだけど毒がある。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。