三宅島 クライミング


miyake170307.jpg三宅島にクライミングしに行ってきました。
泊まったのは民宿薄木荘。
おやじさん、おかみさんに親切にしてもらいました。
御飯がおいしかった。金目の鍋は絶品。
おやじさんが釣ってきたアオリイカの刺身もよかった~。
アシタバおいしかった。
ハウスで栽培しているトマトやキヌサヤもおいしかったです。

そこらの1泊2万円ぐらいする旅館よりはるかにおいしかったです。
季節を変えてまた行ってみたいなぁ。

miyake170301.jpg三宅島を代表する岩場PO壁。
三日とも風、波が強く登れなかった。
薄木荘のおやじさんによると春は西風が吹いて登れないことが多いらしい。


miyake170302.jpgPO壁から新鼻(にっぱな)へ移動。
やっぱり風が強くて登れなかった。
初日はこのあと体育館にあるジムに移動した。

miyake170305.jpg2日目3日目は波が強くても登れるという冨賀浜に行きました。

冨賀浜では、5本トライ。
ビードロ模様5.10bcが登れなかったけど面白かった。
ジャミングの多彩なテクニックが要求されました。
これがサクッとオンサイトできるようになりたいなぁ。
左御前(おんめ)5.10bはハング越えの楽しいルート。
最後のハングを超えたところで掴んだホールドが動いて、2-30cmの石とともにフォール。
安定していない岩が多かったです。
左回りはもろそうな岩が多いので、右回りの御前5.10bから回って慎重にトップアウトしたました。
今年は大きな浮き石によく当たります。ヘルメットしたほうが良いかな。
ジャムの学校5.9もジャミングが効いて楽しかったです。

miyake170306.jpgスミレ

春だなぁ。
地上茎のないスミレ。
ノジスミレかなぁ。それにしては花が元気でよれてない。

miyake170303.jpg体育館の人口壁

利用料は500円。
人工壁ではどっかぶりの長い壁(写真右)で突風5.11d、ブリ5.12a、
写真左の壁でウニ5.11cをオンサイトできて楽しかったです。
全部で11本登って、9本オンサイトできて満足。
右の壁の5.12bも、もう少しちゃんとオブザベしたら登れたかも。
課題の設定者もトキオ(室井)、オカノカン、マツシマアキト等日本を代表するクライマーばかりでびっくりしました。


miyake170304.jpgボルダリングも楽しかった!

西風が強くて登れないとき助かりました。



スポンサーサイト

God fingers


When I was doing the dishes this morning, there was a small fly stopping at the kitchen sink.
At the moment, I picked it up with my fingers unwillingly.
That's unbelievable!
20160623godfingers.jpg


2016060800koajisai.jpg
Koajisai

A day in Hourai



I enjoyed watching many kind of beautiful wild flowers,
climbing some steep crags and drinking lots of beer,wine and sake(rice wine). :-)

2016060801sasayuri.jpg
Sasayuri
Lilicum japonicum
This is my favorite flower in Horai.

At this time of year I love Sekkoku a menber of the orchid family. Although I found it during climbing, I couldn't take its photos.

2016060802michi.jpg
The murmur of a stream

2016060803koajisai.jpg
Koajisai
Hydrangea hirta

2016060804kakinohagusa.jpg
Kakinohagusa
Polygala reini

2016060806jibun.jpg
I enjoy climbing once in a while.

2016060807tutuii.jpg
Mochitsutsuji
Rhododendron macrosepalum

2016060808shida.jpg
Beautiful fern is gathering together.
I'm sorry I don't know its name.


あとで
20151024ogawayama01.jpg
大日広場から屋根岩方面を望む

小川山散策&クライミング


天気が良い週末だけあって、駐車場は満車。
ボルダリングのエリアはどこも人がいっぱいだった。

天気がよく日向は眠気を誘う陽気。
われわれはゆっくり散歩してから、水晶スラブで少し登った。

20151024ogawayama10.jpg水晶スラブからマラ岩、妹岩方面を望む。

カラマツの黄色が眩しい。

20151024ogawayama02.jpgナナカマドの実

苦い!
高山に生えるタカネナナカマドの実は甘酸っぱくて食べられるらしい。

20151024ogawayama03.jpgナナカマドの葉

ウラジロナナカマドの小葉は先端から半分だけ鋸歯がある。
タカネナナカマドの実は少ない。
ナンキンナナカマドの小葉はほっそりしている。

20151024ogawayama04.jpgマユミ

ニシキギ科の仲間は秋になると紅葉と裂開した果実が目立つ

20151024ogawayama05.jpgヒロハツリバナの果実

これもニシキギ科の仲間

20151024ogawayama06.jpgヒロハツリバナの葉と裂開する前の黄色い実

20151024ogawayama07.jpg紅葉したカラマツ 短枝に数多くの葉がつく

20151024ogawayama08.jpgオオモミジ 紅葉の定番

20151024ogawayama09.jpgヤマブドウ

甘酸っぱくて美味しい!